しっかりと風俗で抜いてもらう

理屈じゃなく、本能が若さを求める

若い名古屋風俗嬢が好きなのはもはや理屈を超えていると思います。理屈ではなく、男としての本能が若い風俗嬢を求めていると思いますので、風俗のホームページ、あるいはポータルサイトなどもそうですけど、結局若い風俗嬢だけにしか反応しなくなってしまいました。風俗の存在は特別なのは言うまでもありませんので、日常生活では出来ないようなことを楽しみたいって思うんですよね。じゃあそれが何かって言うと、若い風俗嬢と遊ぶってことなんです。職場に若い女の子がいないだけに、若いというだけで何よりも刺激的です。体そのものだけではなく、イマジネーションにまで刺激をもたらしてくれるので、若い風俗嬢と同じ空間に居るだけで自分自身、大きな刺激があるなってことに気付かされるんですよね。それだけに、風俗で遊ぶのであれば自分でもいろいろなことをという気持ちがありますし、それによって自分が何が出来るのかなど、いろいろと考えて遊ぶようにしているんですよね。

無駄にしたくないから風俗なんですよね

お金を無駄遣いしたくないからこそ風俗なんです。おそらくあまり興味のない人にとっては風俗こそ無駄遣いだろうって思うかもしれませんけど、無駄遣いの定義は自分は「使ったお金の費用対効果を得られない」なんです。風俗の場合、使ったお金分は満足出来るのは間違いないんですよね(笑)それなら決して無駄ではないんじゃないのかなって思うんですよ。むしろ他で無駄遣いするくらいであれば楽しいことが分かっている風俗でお金を使った方が断然良いんじゃないのかなって思うんですよね。男であればやっぱり風俗での時間というのは何にも代えがたいものですし、人によって唯一無二の空間と言っても過言ではないんです。だから風俗で扱ったお金は決して無駄にはならないんじゃないのかなって思いますけどね。他でも得られると言うのであればともかく、風俗で得られる快感や満足感は他では得られない、風俗だけでしか得られないものだって思ったら決して「無駄」ではないんです。

遊んでいればのめり込みますよ

気付いたら風俗にのめり込んでいたのは、それだけの存在感だからこそなんじゃないのかなって思っていますし、自分でも不思議なことではない…というか、むしろそれだけの存在だから当たり前と言うか。風俗で遊ぶようになって気付いたのは、心の拠り所でもあるんですよ。これは間違いないです。女の子と遊んでいないなって思った時にいつでも遊べるし、嫌なことがあったなって思った時など、いろいろな時に風俗は気持ちの面から支えてくれるじゃないですか(笑)それにお客側の都合が悪くなるようなことを言ってくるような女の子はいません。こうしていろいろな特徴を考えると、風俗が男にとってどれだけ都合の良いものなのかと言うのが分かるんじゃないですかね(笑)むしろそれによって救われている部分って結構あるんじゃないのかなって思いますので、決して無視することは出来ない部分なんじゃないかなって思いを持っていつも風俗で遊んでいるんですよね(笑)